ライカの広角レンズ

2020年10月20日 04時00分
0
M10-R / APO-Summicron-M 50mm f/2
L100025220201018.jpg
Leica M10-R / Leica Apo-Summicron-M 1:2/50mm ASPH. 50mm f/5.6 1/125sec. ISO2000 東京都調布市 深大寺 2020年10月18日 09時14分





L100026120201018.jpg
Leica M10-R / Leica Apo-Summicron-M 1:2/50mm ASPH. 50mm f/2 1/125sec. ISO100 東京都調布市 深大寺 2020年10月18日 09時23分





調布深大寺のアプローチから見える木々の描写は、さすがに4000万画素の力を感じます。また、2枚目のもみじと緑のボケの写真を見ると、もう、風景撮影でも、ソニーα、要らないんじゃないかと錯覚してしまいますね。こうなってくると、いよいよMマウントでの広角レンズ選びの沼に入り込むのも時間の問題なのかもしれません。沼ですよ沼。これまで、スーパーエルマー18mm F3.8、トリエルマー16/18/21mm F4と使ってきましたが、やはりエルマーだからか、描写がやや甘い傾向があり、風景撮影にはモノ足りませんでした。
最近では中華製の格安のMマウント広角レンズも発売されていますが、描写にこだわるのであれば、やはりライカのズミルックス21mmか、24mmしか選択肢がありません。先日、21mmと24mmのズミルックスを試させて頂いたのですが、買うなら、もう思い切って21mmにしたいと思うのですが、カメラ屋さんの情報では、ズミルックス24mmは生産終了だそうで、買うなら急いだ方が良いとか・・・(新しいの出るんでしょうかね)と言われていました。悩みは尽きません。
おつかれちゃんです。





.
スポンサーサイト



sakayo
Message from sakayo

本日も訪問いただき、ありがとうございました。
よろしければ「拍手」も宜しくおねがしいます!
また、ご質問、ご意見や新情報などお持ちあれば、
下記にコメントを頂ければ嬉しいです。

Comment 0

There are no comments yet.