アーチと直線の共演

2021年02月10日 05時00分
2
M10-R / Summaron-M 28mm f/5.6
M10R050720210207.jpg
Leica M10-R / Leica Summaron-M 1:5.6/28mm 28mm f/5.6 1/500sec. ISO100 新宿南口





M10-Rを使う様になり、以前より、「光」を意識して撮影する事が多くなりました。「光」の差し込み具合は、同時に影を生む存在であり、しかも、わずかな時間の差で光と影の表情が変わっていきます。モノクロ写真であれば、なおさら「光」の部分と暗部のコントラストを意識せざるを得ず、いかにそれを感じ、写し留めれるか、一瞬一瞬の勝負という感じです。
今日の写真は、新宿駅南口のバスタの軒先に差し込む光を写したものですが、軒下と影のラインが滑らかに弧を描いた感じになっており、右側の光の部分の上半分で高島屋の四角い窓枠が整然と並び、アーチと直線の共演みたいになっているところが面白いと思いシャッターを切りました。
おつかれちゃんです。





.
スポンサーサイト



sakayo
Message from sakayo

本日も訪問いただき、ありがとうございました。
よろしければ「拍手」も宜しくおねがしいます!
また、ご質問、ご意見や新情報などお持ちあれば、
下記にコメントを頂ければ嬉しいです。

Comment 2

There are no comments yet.

高兄

sakayoさん、こんにちは

M10-R

高画素機ならではの、繊細さがありますよね~

sakayoさんの、腕前もあるのでしょうが

本当に、バランスの良い画が現れるなぁ~と感じています^^

2021/02/10 (Wed) 09:52

sakayo

To 高兄さん

M10-Rの40MPは、α7R4の61MPに比べスペック的には見劣り感があるのですが、もうM10-Rの40MPで十分ですね、
データサイズも適量ですし、適度なトリミングも可能ですので、そういう意味でのバランスもよくまとめられていると思います。
最終的には、光学設計と、その設計理念を実現させる生産技術の高さが、素晴らしい描写のレンズを生み出しているのだと思います。
コメント頂きありがとうございました。

2021/02/10 (Wed) 19:11