みたらし団子発祥の地

2021年11月13日 07時00分
0
M10-R / APO-Summicron-M 50mm f/2
M10R204620210924.jpg
Leica M10-R / Leica APO-Summicron-M 1:2/50mm ASPH. 50mm f/2 1/500sec. ISO100 京都市左京区下鴨 加茂みたらし茶屋にて





 みたらし団子の歴史は、京都下鴨神社の境内にある御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模して作られた団子を起源にしていると言われ、下鴨神社の門前近くにある加茂みたらし茶屋さんに行ってきました。看板の提灯が、みたらし団子みたいに串刺しの提灯看板なっていました(笑





M10R204720210924.jpg





 その昔、後醍醐天皇が、下鴨神社の御手洗池(みたらしのいけ)の水を掬おうとしたら、水泡が最初にひとつ出て、それから4つの泡がつづけて出てきた。その話にあやかって、4個だったお供えの団子に、もう一つ足して、全部で5個の団子にしたそうです。最初の団子が離れているのが、その名残だそうです。以降、下鴨神社の名物として、みたらし団子が定着したそうです。
 ほんまかいな、と思えるエピソードでもありますが、東京のみたらし団子は、たいてい4個しかついていないのが多いので、5個ついているのは、京都ならではという感じです。
 おつかれちゃんです。






.
スポンサーサイト



sakayo
Message from sakayo

本日も訪問いただき、ありがとうございました。
よろしければ「拍手」も宜しくおねがしいます!
また、ご質問、ご意見や新情報などお持ちあれば、
下記にコメントを頂ければ嬉しいです。

Comment 0

There are no comments yet.