GoWing Mマウントホルダー

2021年11月22日 06時00分
2
M10-R / APO-Summicron-M 50mm f/2
M10R209020210925.jpg
Leica M10-R / Leica APO-Summicron-M 1:2/50mm ASPH. 50mm f/2 1/500sec. ISO100





7_000000001503.jpeg





GoWing ライカMマウント レンズホルダー
 最近は、風景撮影であっても50mmのアポズミで済ませることが多いのですが、どうしても広角を使いたくなる場面があります。でもまた、すぐにアポズミに戻したい、そんなことが多くあるのが、レンズ交換あるあるです。 そんな時、素早くレンズを切り替えるためのスペシャルグッズ、GoWingのレンズホルダーを使っています。このレンズホルダーは、ホルダーの両側ともMマウントになっているもので、使い終わったMレンズを空いているホルダーに装着し、レンズをひっくり返して、もう一つのレンズを外し、素早くカメラにつけることができるというものです。
 以前、別のマウントだった時から使い続けているホルダーなのですが、もう便利すぎて、手放すことができない撮影アイテムの一つになっています。 信頼性は高いのですが、それでも、もし、しっかり取り付けられていなかったら、間違いなくレンズ落下の大事故になってしまいますので、レンズ交換時には、マウントが確実についているかどうか、毎回毎回、念入りにチェックしてからレンズ交換を行っています。
おつかれちゃんです。





.
スポンサーサイト



sakayo
Message from sakayo

本日も訪問いただき、ありがとうございました。
よろしければ「拍手」も宜しくおねがしいます!
また、ご質問、ご意見や新情報などお持ちあれば、
下記にコメントを頂ければ嬉しいです。

Comment 2

There are no comments yet.

まっちー

GoWing Mマウントホルダー

お疲れ様です。
GoWingのマウントホルダーは以前Eマウントで使っていまして、「Mマウントで出ればいいのに」と思っていたらいつの間にか発売されてたんですね。レンズつけたままタスキがけしていても恐くない感じでしょうか?

2021/11/27 (Sat) 22:57

sakayo

To まっちーさん

 問題は、このMマウントのホルダーが同じGoWingのEマウントの価格の3倍以上もするという事です。
 かなり迷ったのですが、やはりEマウント時代の使い勝手の良さを思い出すと、高くても買わずにはいられませんでした。
 レンズはもっと高いので、交換装着時の確認はしつこいくらいにやっています。また、レンズ交換時の障害になるレンズキャップは使っていません。
 タスキがけの時には、フォルダー解除の爪が不用意に体や服に触れて外れない様に、装着済みレンズ側の爪が体の外側に位置する様に掛けています。
 コメントいただきありがとうございました。

2021/11/28 (Sun) 09:44