TTArtisanのズマロン

2021年11月27日 13時00分
0
M10-R / Summaron-M 28mm f/5.6
M10R055920210207.jpg
Leica M10-R / Leica Summaron-M 1:5.6/28mm. 28mm f/8 1/125sec. ISO1000





 現行のライカレンズの中で、小型最軽量のレンズがズマロンというレンズです。もともとズマロンは、1955年〜1963年に製造されたスクリューマウント方式のレンズでしたが、2016年にライカが復刻版としてMマウントにして再発売した人気レンズです。このズマロンのサイズ感は、ストリートフォトには、まさにうってつけの大きさと言えます。カバンの中に入れていてもスペースを取らないので、私も日常的に、カメラのマウントキャップのごとく、M10-Rにズマロンが、付けっぱなしの状態になっています。
 その「ズマロン」の復刻版をとうとうTTArtisanも発売する事になったということです。まだ発表されたばかりで、写りの違いなどはわかりませんが、最大の違いは、本家のライカズマロンの価格が税込374,000円もするのに対して、TTArtisanのそれは、噂では本家の 1/10 程度の価格になると言われていることです。 M型ライカの機動力を劇的に向上させたいという思いをリーズナブルに叶えてくれる、ある意味、夢のレンズになるだろうと思いました。良い時代になったものです。
 おつかれちゃんです。






.
スポンサーサイト



sakayo
Message from sakayo

本日も訪問いただき、ありがとうございました。
よろしければ「拍手」も宜しくおねがしいます!
また、ご質問、ご意見や新情報などお持ちあれば、
下記にコメントを頂ければ嬉しいです。

Comment 0

There are no comments yet.